FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ティーパーティーの謎

先日『クローディアの秘密』を読み終えました。
で、次はどうするか。
結局もう1冊、カニグズバーグから選ぶことにしました。
そこで、買ってきたのは『The View from Saturday』。
邦題は『ティーパーティーの謎』。

翻訳も出ているそうなので、今度探してみたいと思います。
一部のカニグズバーグ作品は翻訳に難ありと聞いたこともありますが……。
まあ、もし本当なら原文と訳を比べてみるのもいいですね。
スポンサーサイト

夏の本

この時期、書店に行くと、いろんな出版社が「夏の文庫」みたいなフェアを展開してます。
ちょうど夏休み、お盆休みにあわせているんでしょうか。
長い休みもあることだし、本でも読んではいかが、ということだと思います。

あれを見ると、よし自分でも「夏の本」リストを作るか、と考えたりするわけです。
自分で作るのだから、出版社も関係なし。
小説でも、マンガでも、ライトノベルでも、なんでもあり。
とにかく、今まで読んだ本の中から、夏に合いそうなのをピックアップすればよい。

おそらく、選ぶ点数を増やすとそのまま夏が終わるでしょう。
最初は10点くらいにしておいて、毎年続ける。
そのうちに数が増えていく、という風にするのがいいかなと思います。
昔読んだ本もあらためて振り返ってみれば、新しい発見があるかもしれません。

クローディアの秘密

「From the Mixed-up Files of Mrs. Basil E. Frankweiler」。
この長いタイトル、日本語訳では『クローディアの秘密』として出版されてます。
E.L.カニグズバーグの作品のひとつ。

お気に入りの作品で、日本語訳のほうは何度か読んだことがあります。
すると、先日、洋書コーナーで平積みになっているのを発見。
つい買ってしまったのでした。

クローディア(縮小版)

バイオリンのケースを持つ少女。
トランペットのケースを持っている少年。
ちょうどメトロポリタン美術館に家出をするところでしょうか。
洋書の表紙って、魅力的なものが多いように思います。

ちなみにこのお話、みんなのうたで流れていた「メトロポリタン美術館」のモデルだとか。
プロフィール

すぴか&ひかげ

Author:すぴか&ひかげ
ただの読書好きにしてアニメ好き。
加えて旅行好き。
趣味が高じて、創作ボイスドラマサークルをコソっとやっております。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。